お気に入りのお花屋はありますか?

みなさんはお花を人にプレゼントしたことはありますか?

お花に込める気持ちは人それぞれです。

大切な人へ贈る花、母の日、父の日に贈る花、結婚式に新郎新婦に贈る花、お店の開店祝いに贈る花。
それぞれ、花を贈る人へ込める気持ちはさまざまです。

綺麗な花を贈って大切な人に喜んでもらえるととても嬉しい気持ちになります。

私は花が好きで週に1回は花屋に通っています。お気に入りの花屋があっていつも同じ花屋で花を買います。たまに他の花屋の前を通ったとき気に入った花があったときは他の花屋で買ったりもしています。

私がいつも買うのは小さなブーケ型の花束です。金額も500円から1000円くらいのそれほど高くない花束です。週に1回買うので高い花を買っていると花代だけでもけっこうなお金がかかってしまうので、安くても買うことができる小さなブーケ型の花束を買うようにしています。

お花に込めるのは気持ちであり、金額ではありません。
たとえ一輪の花でも、人にとても喜んでもらえるものです。

そんな私がいつも通うお花屋さんでは、花をとても綺麗に保管しています。
一本一本が生き物の花、それを大切に育てて、贈る人に喜んでもらえるようにベストの状態にしているのです。

そんなひとつのお花屋さんから私は花の素晴らしさをみなさんにお伝えをしたく書いています。

私にはお気に入りの花屋がもう1つあります。
友人の結婚式のお祝いに花を送ったときに利用したお花屋さん。

そのお花やさんは通販サービスを行なっています。

届け先の近くの花屋を指定してその花屋から花を配達してくれるというサービスです。自分の家の近くの花屋で買って配達してもらうより新鮮な状態の花を届けることができてそれも手渡しで届けてくれるのです。

せっかく送る花も宅配便の人が届けるよりも花屋の人が届けてくれたほうが気持ちがこもっているものです。

直接届けることができない場合は、少しでも心が伝わるような形で届けたいものです。

大切な人へ贈るお花。
なによりも最高の瞬間にしたいですよね。
このサイトではお花に関する事や体験談をつづっています。
私のお花に関する実体験から、お花をプレゼントする時の作法やお花の贈り方まで、詳しくお伝えをできればと思い、作らせていただきました。

広告

日本の住宅業界がとても熱い!円安の影響を受けてバンコク 不動産会社が日本の不動産マーケットに注目を集めている。投資には最適な物件が多数あります。