栽培環境における日本と海外の花の違いは?

忙しく疲弊しがちな社会の中で、人々が日々の生活の中に潤いやを求めるになったせいか、ガーデニングや鉢花栽培といった園芸がかなブームを迎えています。

これまでは年配の人や女性がやる趣味といったイメージが強かった園芸も、現在は若い男性までもが夢中になれる趣味として、立派な地位を獲得したと言えるでしょう。

現在の園芸ブームにおいて、その発展の大きな原動力となってきたのは珍しい海外原の花やに違いありません。多種多な花を咲かせ、また株の形態を持つ洋ランやサボテン等の多肉植物を始め、深く熱中するマニアを持つ植物はいずれも面白い形態を持っているものです。

もしこれらの花々に興味を持ち、趣味として栽培に取り組んでみたいと思うのであれば、注意すべき点があります。それは現在住んでいる日本の候環境と、それら花々の原地の候環境が大きく異なっており、各々の花に適した環境をこちらが作り出してあげなければ上手く花を咲かせる事が出ない、という事です。

日本と海外の花の違いは?と問われ、真っ先に花の豪華さや大きさ、株の立派さに注目が行くのは仕方の無い事ですが、その裏にれたこれら根本的な条件の違いを無視して、上手く育て上げる事は出ないと理解すべきなのです。

ただ幸いな事に、現在では々な海外原の花について栽培に関するマニュアルや参考書入門書が発行されており、それらを参考にしてすぐに、その花にとって最適な環境を作り出してあげる事が出ます。

もちろん花の種類によっては保温や保湿に本格的な温室が必要となってくるケースもあり、一筋ではいきません。むしろ最適な環境を作るあまりの難しさに、念せざるを得ない種類も出てくるのは致し方無い事でしょう。そこでいかに自分にして妥協し、自分の作り出せる環境の範疇にまる種類を選るかが重要となってくるです。

例えば現在多くの人から人を集めている洋ランであれば、特に栽培上ネックとなる冬場、自宅において確保出る温湿度の条件をチェックし、その条件下で十分栽培出る種類を選し購入すればきっと上手くゆく筈。一般家庭であれば株のサイズが小さく、夜間の保温策がし易いミニカトレヤやミニファレノプシスといったミニ種が最も栽培に適している、といった具合です。

海外の花は生活する住宅のサイズが大きい分花や株のサイズも大柄となり易く、日本のこじんまりとした住宅事情に合わないケースが多く見られます。ですからあえてそれらのジャンルの中でもあえて小型の種類を選んだ方が、上手く栽培出るパターンが多いのです。

いずれにせよ、花を栽培する時はそこに暮らす人間の都合を第一に考えない事が必要です。

難しい海外の花を育てる際は、あくまでその花の都合を第一に考える事。それにって最適な環境を整え、最後に人間の都合を考えるというスタンスで取り組めば、いずれ良い結果を得る事が出になるでしょう。それがどうしても無理なら、思い切って諦める勇も必要なのです。