バンコクで有名な花

バンコクで有名な花といえば、ドークラーチャプルックというお花であるといえるでしょう。こちらの名前には王の樹という意味があるようで、非常に有名なタイの花の一つです。

2009年においては、初めて、タイを象する花として、国花象決定委員会が選定した国花として、ドークラーチャプルックが決まりました。

日本ではナンバンサイカチとも呼ばれています。さらに、英語ではゴールデンシャワーと呼ばれています。

こちらのラーチャプルックはタイ語になります。

日光がよくあたり、乾燥している頃に咲きれる花なのが特です。このため、開花期は、大体日本のと同じくらいの季節になり、大体2月から5月の間に咲きます。

こちらの候の中、真っ黄色の小さな花を、長さが60cmほどまる、房のように垂らして、開に咲かせるといった、とても美しく印象にる美しい花木としても知られています。

こちらの花は、タイが原というわけではなく元々のルーツは、インドやスリランカにあります。こちらのインド、スリランカが原地となっている、マメ科の植物です。

温暖な候を好むため、タイの国のどの地方でも育てることができるため、広く知られている有名な花として知られています。

タイの国民にとって、こちらの花色の黄色という色は、とても大切な色となっており、タイの国教である、教の輝く黄色を示していることからも、国花として選定された理由があります。タイの僧侶は、黄色の衣を身にまとっているイメージがありますが黄色というカラーはとても大切な色とされていて、教と根強い関係があります。

また、タイにおいては、国王である、プミポンアドゥンヤデート陛下を象する色というのが、黄色となっています。

タイでは誕生日の曜日ごとに、さまざまな色が割りてられているのが特で、国王の誕生日である、1927125日の色は、黄色とされています。このため、黄色の花であることからもこちらの花が国民から愛されているのです。

の木と同じで、成長すると、そのの大きさは、10メートルにも上り、非常に大きくなることが特です。

幹などが白灰色、をしていると言うことから非常に特的なのと、楕円形の葉っぱも特です。

木の実も特的で、さやのようなものに入っていて、つんとした香りが香ることも大きな特です。

タイのどの地方でも育てることが出ることから、公園、そして街路樹、さらにタイの至る所で見かけることが出るのも特です。光の際にも一度見かけることも多いといえるでしょう。

親しみやすさも国花として人の理由の一つです。また、ドークラーチャプルックは、タイの方の日常生活を彩るという役割の他にも、その花や木の実などは、用としての効果が高いことでも知られています。このため、タイの国民にはなくてはならない植物としても、知られてきました。春のタイに訪れるとたくさんのドークラーチャプルックを眺めることが出ます。