花の値段の相場は?

花の段の相場は?いったいどの程度なのでしょうか。

実際の花の段の相場をしっかりと把握している方はどのぐらいいるのでしょうか。花を買いたいと思っているけれど、実際の相場が分からないという方や、自分が購入するとなると、その相場や段が分からないという方も多いです。

そこで花の段の相場ですが、どういった要素があるのでしょうか。実は相場には段に影響を与える要素が色々と関わってきます。

実は市場に出荷されている花に関しては等級というものがあります。

花には等級というランクがあり、その等級ごとに段が異なってくるといえるでしょう。

こちらの等級には、A~Cまでの等級や、バラなどの場合には、サイズごとに、の長さで2LLMSなどのもの、そして秀良といった昔ながらの基本的な等級があります。

このように、種類によっても等級の詳細などが分されていることが多く、長さや花付きなどでさらに細分化されていきます。こちらの階級差が、そのまま段にもがってくるといえるでしょう。

しかし、こちらの等級は、絶対的な基準というものがありませんので、とりあえずAであれば安心ではありますが、農家さんによってもその基準が異なりますので、曖昧な部分もあると言うことを知っておきましょう。

また、花の段は、その購入場所、立地によってもわってきてしまうといえるでしょう。

たとえば、個人経営のお店よりも、ホテルや大型のショッピングセンターに入っているお店、デパートの方が段が高くなってしまうという傾向にあります。

また、都会のお店か、地方のお店かにもよってお段がわってきてしまいます。また、同じ市でも、郊外と中心部では、2倍近く段に差が開いてしまうと言うこともあります。また、人通りがあるかないかでもかなり差が開いてくるといえるでしょう。

最近では、インターネットで花を購入することも出ることから、この場合には、個人商店で購入するよりも安くで購入できることもあります。

また、町の中心部で花が必要という場合にも、地元の花屋さんで購入をした方が然お得に購入をすることが出ることが多いのです。

また、このほかにも花にはブランドが付く場合もあります。こういったブランドの花になると、その分段は上せされることが多く、洋服、装飾品と同じように、品質も良くなりますが、その分お段もブランドならば高くなります。

花の段の相場として、大体バラの段の場合には、300円~500円までの差があるといえるでしょう。

ひまわりなどが、100円~400円、ガーベラが、100円~200円程度になります。

さらに、チューリップなどが150円~400円など、大体が、1本500円までで購入をすることが出ると考えておくと良いでしょう。

ただし、お店によってさまざまな段設定がありますので、都会なのか、田なのか、そして人通りのあるお店なのか、よい等級のものを扱っているのかでわってくるので、比較をしてみるようにしましょう。