世界の花言葉について

花言葉について詳しい方もそうでないという方もいらっしゃると思います。

花言葉の起源はとても、古いものになっています。

新しく花言葉として、適に言葉が割りてられたというものではなく、実はその歴史は古く、始まりは、17世紀においての、オスマン帝国であるといわれています。

元々、人間はともに自然と暮らしてきた歴史があるのですが、とりわけ美しく、そして安らぎを与えてくれる花はさまざまなシーンで利用されてきました。このことから、花は昔から注目されてきたのです。美しい花は世界中で愛されており、古くから、花は愛でられてきたという歴史があります。人々は、花の持つ香りや、自然の中で生きている可憐なその美しさに惹かれ、そしてその印象を言葉にしました。それが現在においての花言葉であるといえるでしょう。

昔は、その花を渡すことで、花言葉が感情を伝える手段の一つでした。元々は、花を渡すことによって、花言葉で感情を伝えていたのです。

花言葉は、元々、19世紀のビクトリア王朝時代において、イギリスで最も流行したのをきっかけとして、全世界へと広がりました。

その後には、アメリカ、そしてヨーロッパ諸国へと広まっていき、そして現代のように世界的な風習として知られています。

世界の花言葉ですが、日本での花言葉は、イギリスの花言葉が元になっていると言われています。元々、このようにヨーロッパ諸国から伝わってきたものだからです。

しかし、言葉の元となっているイメージや、それぞれの花言葉は、国や民族、そして言語によってさまざまとなっています。

さらに、花言葉は、ひとつの花によっても、多くの花言葉があるという種類があります。これは、なぜかというと、その国によって、その花にしての印象がさまざまであったということから多くの種類となっていたりします。

しかし、その花言葉が多ければ多いほど、その花は、さまざまな国で愛されており、

そして親しまれてきたということです。

花言葉には、良い意味をもつものもあれば、時にはあまり良くなかったり、い意味をもつものもあります。しかし、花言葉は、その花の特有のものではなく、あくまでも人間がつけた印象であるので、その花言葉を利用するのは、人それぞれであることを理解しておく必要があります。

このように、世界の花言葉ですが、元々、このように一つの国から伝わり、世界中に広がることで、今では世界の花言葉として、国や民族によって、異なっているといえるでしょう。

世界の花言葉ですが、それぞれの国の歴史だったり、またはその国の、風習、そしてその国の神話や、元々その国に伝から生まれていることもありますので、然ながら宗教的な事も関わってきています。

このため、世界の花言葉は、同じ花であっても、花言葉が全然違うという場合があります。このため、日本国の花言葉と、世界の花言葉には違いがありますし、印象も異なりますので、海外の人への花の贈答の際にはをつける必要があるといえるでしょう。