盆栽の育て方コツ

盆栽というと、とても堅苦しいというイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。さらに、とても難しく、敷居が高い趣味というイメージを持っている方も多いです。しかし、最近では、海外の方にもブームとなっているほどで、実は幅広い方に人気となっています。

栽の育て方というのは、日本独特であり、アートとも言えるでしょう。そこで、盆栽の育て方、そして育てやすい種類などを知っておくというのは重要であると言えます。

そして、盆栽の育て方では、基本的なコツを知っておくことが必要であると言えるでしょう。

まずは、盆栽の水やりの頻度に関してデス。盆栽の水遣りというのは、最も大切な部分であると言えるでしょう。多くの植物がそうですが、土が乾いてしまうと、植物は枯れてしまい、良い状態にはなりません。盆栽は、まずは、土が乾いてしまった場合には、鉢の底から、水が出るように、たっぷりと水をあげるようにしましょう。

寒い時期などは、霜などが降りてしまいやすいために、ほどほどにするか、あるいは朝方の暖かい時間帯に水をあげるように気を配ることが必要です。

また、盆栽を育てる際には、盆栽の置き場所にも気を配る必要があると言えるでしょう。

観葉植物などを育てる場合には、室内に置くことが多いです。しかし、盆栽の場合には、屋外に置くことがおすすめです。あまり湿っていた場合には、根腐れしてしまう可能性がありますので、風通しが良い場所や、日当たりなども意識するようにしましょう。置き場所を選ぶことで、盆栽が良い状態に生長すると言えます。また、盆栽を育てる際には、日々の観察が不可欠であると言えるでしょう。盆栽は、そのままずっと楽しめるようなイメージがありますが、植物と同じように、盆栽も日々生きていると言えます。

毎日の盆栽の変化を日々観察しなければ、その都度対処することが出来ません。元気に育てていくためには、その都度変化を日々観察し、できるだけすぐに対処することが必要となります。また、基本的なことですが、葉が伸びてきたら、切るようにしたり、花が終わったら、花を切り取る、また、病害虫などを見つけた場合には、その都度薬などで対処することが必要です。

また、2~3年に一度ほど植え替えをすることによって、長持ちし続けます。最初にほどよい大きさの5号の鉢で行い、枯らさないように育てていき、そしてどんどん成長させていく等のがおすすめの方法です。