バンコクの花の育て方、日本との違い

ほほえみの国であるタイですが、タイにはマーケットにたくさんの花市場があり、世界中でもトップの花の輸出量を誇っている国であるといえるでしょう。

バンコクなどのタイの中心地においても、マーケットの大通りなど、面しているお店の前にはずらりと植木市が並んでいるということが多いです。植木市では日本では比較にならないほどの量でどっさりと花が販売されていることが多く、その段も非常に安くなっています。

バンコクにおいては、蘭やバラ、カーネーションと言った、さまざまな植物、そして色鮮やかで、多な葉物の植物などが屋台いっぱいに並べられているのを見ることが出ます。

その中でも、植物でも大きなものなどは、mといった木もありますし、さらに、小さいものは、小さなポットまでがあります。

タイは、熱候でもありますので、熱の植物なども勢揃いしていて、大きな植物園がないのですが、屋台やマーケットで花市場でたくさんの花が取りそろえられています。

バンコクの花の育て方、日本との違いですが、まずは日本では、花の管理というと、屋において、念入りに育てられているといえるでしょう。特に葉植物などは、温室で重に管理され、念入りに育てられていることが多いといえます。四季がある日本では、海外の植物などは、温度管理などが非常に大切であり、温室で重に管理されて育てられているといえるでしょう。自宅で育てる場合にも、園芸本などをみながら、その花にあった条件で育て上げるというのが基本であるといえます。

しかし、これらの葉植物に関してはほとんどが帯産であるため、本の地であるタイバンコクではもっと生き生きとしていて、屋外において育てられています。そのため、日本よりもより美しく生き生きとして見えることが多いのです。また、タイのバンコクの家庭では、タイの花ばかりが育てられていて、温度管理などの必要がなく、日本のように管理する必要がなく、生き生きと育てられているといえるでしょう。一年中花が咲きれているタイでは、お花を育てるのにも重な管理が必要がありませんし、年中温暖なタイのバンコクにおいては、日本のようにガーデニングに手間取ることはありません。

しかし、タイのバンコクでは、輸出用の花に関しては重に育てられています。

タイのバンコクでは、ランの花の輸出を行っていて、そのトップの輸出先が日本となります。このため、日本向けは、栽培、管理などもしっかりと徹底されており、ほとんどの企業において自社農園を構えているのが特です。

こういったランに関しては、愛情たっぷりに育てられていて、また徹底的な品質管理が行われているのも特です。

ランに、関しては、アメリカ、そして日本、イタリアなどに輸出を行っていて、国によるバックアップがなされています。またハワイで有名なレイですが、こちらのハワイのレイは、タイのレイを使っていることが多く、常に品種改良や、新品種の開発などが行われています。