代表的な春の花!種類やお手入れ方法は?

・春の花にはどのような種類があるの?

新生活を始めるという方も多い季節の春。冬の寒さを耐えて咲く花々を見れば気持ちも穏やかになることでしょう。四季の中でも多くの花が見ごろを迎える春。

そんな春を代表する花の種類について、まずはお届けしましょう。

【チューリップ】

童謡でも有名な、さまざまな色の花を咲かせるチューリップ。ユリ科の球根直物で3月下旬〜5月上旬が見頃の春の花です。

チューリップの花言葉は「思いやり」ですが、花の色によっても詳しく花言葉が付けられています。恋愛をイメージする花言葉が多く、ロマンチックな花言葉の由来となった逸話もいくつか残っています。

花を育てるのが初めてという方にも簡単で、種類の多さからも世界中で愛されているチューリップ。オランダの風車とチューリップ畑の風景でもおなじみですよね。

【ミモザ】

国連で3月8日に制定された「国際女性デー」でもおなじみの春の花はミモザ。黄色く小さな花をいくつも咲かせるマメ科の植物で、2月下旬〜3月頃の早春が見頃です。

実際にミモザは植物の名前ではなく、アカシア属の花の中で黄色い花を咲かせるものを指す通称です。イタリアでも3月8日は女性に感謝を表す日とされ、男性が女性にミモザを贈る習慣があります。

日本では「優雅」の花言葉が付けられたミモザは、ドライフラワーにしてインテリアにする方も多く、近年春を代表する人気の花となりました。

【カーネーション】

毎年5月の第2日曜日に制定された「母の日」に贈る花として定番のカーネーション。ナデシコ科の植物で3〜5月が見ごろの春の花です。

ドレスのフリルのような美しい花姿が特徴的な春の花カーネーション。赤色の花言葉は「母の愛」、ピンク色の花言葉は「感謝」とあり、他にも愛情を伝える花言葉が満載です!

花が小ぶりなミニカーネーションと呼ばれる種類もあり、豊富な色や大きさを組み合わせてアレンジメント用にも使われることの多い春の花です。

【ネモフィラ】

地面に近い位置で群生するように咲く春の花がネモフィラです。ムラサキ科の植物で、4月〜5月頃に見頃を迎えます。

日本では瑠璃唐草と呼ばれるように、綺麗な深い青色の花を咲かせる春の花ネモフィラ。日本では公園などの広い土地一帯に栽培して観光客を楽しませています。

花言葉は「可憐」「どこでも成功する」など。青い色が一般的なネモフィラですが、品種によっては白色や黒色のものもあります。

・それぞれの花の詳しい説明

温暖な気候で気分も高まる春に咲く多くの草花たち。ここでは先ほど紹介した4種類の春の花について、詳しく説明していきます。

【チューリップ】

玉ねぎ型の球根で育てるチューリップ。球根を育て始める時期は10〜11月頃の秋頃で、プランターや地植えでの栽培が適しています。

世界にはおよそ5000種類ものチューリップが存在し、原産地はトルコや中東アジアとされており、オランダでは3人の騎士に球根された美しい娘が姿を変えたものといった伝説があります。

種類によって花の咲き方も異なり、一般的に目にすることの多い一重咲きから細い花びらでユリのように沿っているユリ咲き、花びらが多く豪華な八重咲きなどがあります。

【ミモザ】

ぽんぽんとした黄色い花を咲かせる春の花ミモザ。一般的にはミモザアカシアと呼ばれ、葉の形がオジギソウ(ミモザ)に似ていることから誤って名付けられたという秘話が残されています。

原産国はオーストラリアやタスマニアで、日本ではギンヨウアカシアと呼ばれる小ぶりな品種もミモザとして栽培・販売されています。ギンヨウの名の通り銀色の葉が特徴的で観賞用としても人気が高い品種です。

成長すると高さ5〜10mほどになるミモザは、見た目の色合いがとてもきれい!ゆで卵を散らしたミモザサラダやオレンジジュース入りのシャンパンカクテルのミモザなど色合いにちなんで名づけられた料理もたくさん存在しています。

【カーネーション】

ヨーロッパ南部やアジア西部が原産地の春の花カーネーション。名前の由来は花の形が王冠に似ているという説と、花の色がラテン語で肉を表す色に似ていなど諸説あります。

母の日にカーネーションを贈るようになったのは、南北戦争のケアを行っていた母親の追悼会に娘が母の好きなカーネーションを贈ったことが始まりと言われています。日本では「オランダ石竹」と呼ばれ、江戸時代に伝来してきました。

日本でも生産量が多い花の一種であるカーネーションは、品種改良によって青やマーブルなど鮮やかな花色が楽しめるのも特徴です。

【ネモフィラ】

ギリシャ語で小さな森と愛を意味する春の花ネモフィラ。原産地は北アメリカで日本では2010年頃から広く知られるようになりました。

ギリシャ神話では、結ばれるために神の誓約で死を選んだ男性を天国まで追いかけてきたネモフィラという女性を神が哀れみ、花の姿に変えたという話が残っています。

日本で一般的なネモフィラは、インシグニスと呼ばれる青色の花を咲かせる種類。一年草で育てやすく分枝をするため、花壇やプランターいっぱいに咲いて楽しませてくれます。

・花のお手入れ方法は?

【チューリップ】

春の花チューリップのお手入れ方法はそこまで難しくありません。球根には上下の向きがあり、尖った部分から茎が出るので植える時は上下を間違えないように注意しましょう。

品種によって開花時期が異なるので、植える際は開花時期が同じ種類に絞るようにしましょう。また長く楽しみたいのであれば、種類ごとに集めて植えると綺麗に見せられます。

チューリップのお手入れは水やりと肥料のみ。プランターに植えた際は地面が乾かないように注意して水やりを行いましょう。

肥料はチューリップの球根から芽が出始めた位を目安にして、液体肥料を10日に1度与えるようにしてください。

【ミモザ】

春はリースにして楽しむ方も多いミモザは樹木で枝を広げるため、庭植えでの栽培が適しています。日当たりが良く水はけのよい土壌を好むので、できるだけ環境を整えてから植えるようにしましょう。

ミモザは幹が細く風に弱いのでお手入れには十分気をつけましょう。苗木を植えた際は支柱で固定し、枝が伸びすぎた時は風で折れないようにこまめに切ってください。

水やりは乾燥に気を付けて与えましょう。庭植えではそこまで水やりをする必要はありませんが、プランターの場合は土が乾燥をしないように水やりをするように心がけましょう。

花の時期が終わった4月〜7月頃が剪定のタイミングです。ミモザは種まきでも育てられますが芽生えが悪いため、植樹をするのがおすすめです。

【カーネーション】

切り花で見かけることの多い春の花カーネーションですが、自宅でもプランターや庭植えで育てることが可能です。

ただし高温や湿気に弱いため、移動が可能なプランター栽培がおすすめです。湿気が多いとカビなどの病気になりやすいため、梅雨の時期は風通しの良い雨よけのできる場所に移してください。

また、夏の時期は蒸れやすいので水のやりすぎには注意しましょう。水やりは土が乾燥したら根元にたっぷり水をあげるようにしてください。

肥料は夏の時期以外に定期的に与えるのが理想的です。液体肥料であれば月に3回ほど与え、置き肥であれば月に1回で十分です。

【ネモフィラ】

群生が適した春の花ネモフィラは、プランター植えや庭植えに適しています。日当たりが良く5〜20℃の気温で育ちます。

一般的に秋頃に種まきを始めますが、寒冷地域では春頃に種まきをしても育ちます。根腐れの原因になるため、乾燥した時にたっぷり水やりをするようにしてください。

肥料の与えすぎは育ちが悪くなるため、肥料を与える必要はほぼありません。生育状況に合わせて液体肥料を適宜与えるのがベストです。

・まとめ

うららかな陽気に咲く代表的な春の花についてご紹介しました。育て方も簡単な花も多いので、来春に綺麗な花が咲くようにぜひ育成にもチャレンジしてみてください。

お気に入りのお花屋はありますか?

みなさんはお花を人にプレゼントしたことはありますか?

お花に込める気持ちは人それぞれです。

大切な人へ贈る花、母の日、父の日に贈る花、結婚式に新郎新婦に贈る花、お店の開店祝いに贈る花。
それぞれ、花を贈る人へ込める気持ちはさまざまです。

綺麗な花を贈って大切な人に喜んでもらえるととても嬉しい気持ちになります。

私は花が好きで週に1回は花屋に通っています。お気に入りの花屋があっていつも同じ花屋で花を買います。たまに他の花屋の前を通ったとき気に入った花があったときは他の花屋で買ったりもしています。

私がいつも買うのは小さなブーケ型の花束です。金額も500円から1000円くらいのそれほど高くない花束です。週に1回買うので高い花を買っていると花代だけでもけっこうなお金がかかってしまうので、安くても買うことができる小さなブーケ型の花束を買うようにしています。

お花に込めるのは気持ちであり、金額ではありません。
たとえ一輪の花でも、人にとても喜んでもらえるものです。

そんな私がいつも通うお花屋さんでは、花をとても綺麗に保管しています。
一本一本が生き物の花、それを大切に育てて、贈る人に喜んでもらえるようにベストの状態にしているのです。

そんなひとつのお花屋さんから私は花の素晴らしさをみなさんにお伝えをしたく書いています。

私にはお気に入りの花屋がもう1つあります。
友人の結婚式のお祝いに花を送ったときに利用したお花屋さん。

そのお花やさんは通販サービスを行なっています。

届け先の近くの花屋を指定してその花屋から花を配達してくれるというサービスです。自分の家の近くの花屋で買って配達してもらうより新鮮な状態の花を届けることができてそれも手渡しで届けてくれるのです。

せっかく送る花も宅配便の人が届けるよりも花屋の人が届けてくれたほうが気持ちがこもっているものです。

直接届けることができない場合は、少しでも心が伝わるような形で届けたいものです。

大切な人へ贈るお花。
なによりも最高の瞬間にしたいですよね。
このサイトではお花に関する事や体験談をつづっています。
私のお花に関する実体験から、お花をプレゼントする時の作法やお花の贈り方まで、詳しくお伝えをできればと思い、作らせていただきました。

広告

日本の住宅業界がとても熱い!円安の影響を受けてバンコク 不動産会社が日本の不動産マーケットに注目を集めている。投資には最適な物件が多数あります。